≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL [ スポンサー広告 ]
comments(-) trackbacks(-) | TOPに戻る

≫ EDIT

キン肉マンII世 #550 “新星・ヘル・イクスパンションズ” 崩壊!!

WPBで 『キン肉マンII世』 を読みました。
(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)

親子のように

初代「キン肉マン」全36巻が復刻版+限定フィギュア付で発売! キン肉マン 復刻BOX“伝説” 8/20発売 エクセレントモデル キン肉マンレディーシリーズ01 キン肉マンレディー 7/25発売 エクセレントモデル キン肉マンレディーシリーズ02 レディ・ロビン 7/25発売


今回のお話はフードの男性が、どう見てもスーパーフェニックスにしか思えないシーンのある物となっておりました。これは息子に相当するマンモスマンが、父に当たるネプチューンマンに引導を渡し、更にタッグパートナーを乗り換えるフラグなのかも知れませんね。


しかしこれまで妻も子も必要ないと思っていたネプチューンマンが、スグルと万太郎のバトルやテリーマンとキッドの親子の触れ合いを見て、己の信念が揺らいでしまったのですね。(今までも度々かつての仲間の試合や、己の試合中に不可思議な行動や表情をしているネプ氏が描かれていたのは、そういう意味があったのですね)。左腕だけでなく、足までも使い物にならなくなってしまったネプチューンマンですが、一体どうなってしまうのでしょうね?


(フェニックスらしき方が云った「アブストラクト・フェニックス(絶対的な知性)」の言葉と、突然ウォーズマンのデバイスを持って病院を飛び出してしまったロビンマスクの動向も気になりますが、やはり初代のラストに名勝負を繰り広げたネプ氏の終焉を思わせる場面は、見ていて胃が痛い思いで一杯です/涙)。




関連記事 :
・ 旧 : キン肉マンII世のWPB感想 はこちらからどうぞ。




【 ピックアップ商品 】

・ 6/18発売 New!
・ キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグ編 22巻

・ 3/19発売
・ キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグ編 21巻

・ 1/29発売
・ キン肉マン 37巻

この記事のURL [ キン肉マンII世 ]
comments(0) trackbacks(0) | TOPに戻る

COMMENT













TRACKBACK URL

http://biyo555.blog43.fc2.com/tb.php/1143-e94f6f64

TRACKBACK

PREV | Home | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。