≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL [ スポンサー広告 ]
comments(-) trackbacks(-) | TOPに戻る

≫ EDIT

ジャンプSQ.5・6月号 Dグレ #205 My home

ジャンプSQ.(スクエア)を読みました。
(以下 「D.Gray-man」 のネタバレ感想です。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)

別離と選択

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 05・06月号 [雑誌] D.Gray-man 22巻 6/3発売


今回のお話は14番目になり掛けているアレンを守ろうとして、枢機卿(もといアポクリフォス)が自身と同化しようとするのを阻止した、ティキ・ミック卿達のその後が描かれておりました。ハートの守護者はイノセンスよりも強力な存在の為に、本体で無い筈のロードがダメージを負う等、凄い事になっております(滝汗)。




【 今日のツボ 】


・ エクソシスト達には、自分達を裏切ってノアと逃げたアレンを捕らえよと指示したルベリエ長官

・ しかし彼の本心は別の所にある模様

・ 北米支部のレニー支部長(第二エクソシスト製造に関わっていた彼女)も、彼の抱えている真相に気付いている模様

・ コムイ室長はルベリエ達が知っている秘密にまでは、まだ到達していない感じ?

・ アレン争奪戦の現場に居たハワード・リンク監査官の命は、枢機卿によって消され風前の灯火に(滝汗)

・ 無理を承知でズゥ老師に、貴方の命を懸けてハワードを助けて欲しいと土下座した長官

・ ルベリエは「アレンウォーカーを……、14番目を助ける為に」と発言

・ 第二エクソシスト(アルマ=カルマや神田ユウ)の存在は、単なる戦力増強という意味合いでは無いかも知れないと気付いた爺様


D.Gray-man 小説版reverse03 「3Lost Fragment of Snow」 12/3発売


・ 一方アレンは、自分はエクソシストなのでノアとは行動しないと、断言した場面

・ アレンを守ろうとする枢機卿は、彼の身に宿るイノセンスを発動して、現在位置を知ろうとした事

・ アレンを守る為に彼の左腕を斬ろうとしたティキ(滝汗)

・ ティキの尤もな指摘が耳に痛いアレン

・ 完全に黒の教団の敵に回った、第三エクソシスト達(滝汗)


ティキが指摘するように、確かにアポクリフォスは「清純な神の結晶」には見えませんでしたね(^^; しかし人間の悲しみや心の隙間を利用して、最愛の方をAKUMAにして、人々を更なる絶望の淵に追いやるノアや千年伯爵が正しいとは到底思えません(滝汗)。しかし以前ブックマンが感じたように、この聖戦には明らかに「裏」がありますよね(滝汗)。ルベリエとレニー、及び枢機卿に暗殺されて行方不明になったクロス・マリアン神父は、何かを知ってしまったのかも知れませんね。


一方で、目の前に居るのにアレンとの別離を止められなかった、リナリーの慟哭が切ないですよ……。アレンの心は常にエクソシストの側にあるのですが、神の力とアクマの記憶(ノアメモリー)の両方を持つ彼は、確かにイタズラに仲間を混乱させておりますよね(滝汗)


自分は何者なのか、また何を為すべきなのか、迷いながらも己の道を歩まなければならないのですね。出来ればそれが、アレンや人類にとって幸福の道でありますように……


D.Gray-man 21巻 12/3発売




・ Amazonストア D.Gray-manお勧め商品一覧表




【 おまけ 】


■ 3/4(金)発売
・ ジャンプSQ. 4月号
当サイトの感想はこちら から、D.Gray-man感想はこちら からどうぞ)


■ 1/6(木)発売
・ ジャンプSQ. 2月号
当サイトの感想はこちら から、D.Gray-man感想はこちら からどうぞ)


■ 12/4(土)発売
・ ジャンプSQ. 1月号
当サイトの感想はこちら から、D.Gray-man感想はこちら からどうぞ)

この記事のURL [ W j etc... ]
comments(0) trackbacks(0) | TOPに戻る

COMMENT













TRACKBACK URL

http://biyo555.blog43.fc2.com/tb.php/1765-8da18129

TRACKBACK

PREV | Home | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。