≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL [ スポンサー広告 ]
comments(-) trackbacks(-) | TOPに戻る

≫ EDIT

ジャンプSQ.11月号 ニッチのフィギュアが!

ジャンプSQ.(スクエア)の11月号のを読みました。
(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)

ニッチとステーキがフィギュアになるようですvv

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 11月号 [雑誌]

■ エンバーミング
アザレアは偶然エルムとアシュヒトの過去を知ってしまったのですね。自分の好奇心と不注意で彼女と自分の足を失う事になったアシュヒトですが、本当にエルムを元の人間に戻せるのでしょうか……(それは誰も成し得た事のない死者蘇生になるので/滝汗)。何れは老いてエルムより先に亡くなるであろうアシュヒトですが、その時どういう選択をするのか気になります。


■ まつりスペシャル
まつりちゃんはとうとう試合があるのを知っていながら、会場には行かなかったのですね。ハニープリンセスを見に来た観客は彼女が来ない事に納得が出来ず騒ぎ始めますが、それを収めたのが美々丸だったとは。プロレスを愛し己の仕事に誇り持っている彼女のお陰でまごころプロレスは事なきを得ますが、今回の件でまつりちゃんと父親の絆は更に深まったようですね(小さい頃の迷子になったお話も良い感じに今回のエピソードと絡まっており、今後彼女の進む道に父上が大きく絡んで来る事が判ってドキドキです)。あと地味に荒太が良い奴過ぎて何時か報われて欲しい物です。


■ PARマンの情熱的な日々
ご出身である富山県の氷見市について描かれておりました。先生は市のイメージディレクターという物をされているのですね。色々なご活動を通されて活躍されているお姿が描かれている中で、若かりし頃に藤子F氏と大阪へ行き宝塚に居る手塚先生の元へ行かれたエピソードも描かれておりました。こういうお話を読むと寝台車も一度乗ってみたいな~~と思いますvv


■ 帝都,RT (読み切り)
原作が新城カズマ先生、漫画が山田孝太郎先生、構成協力にドクロ眼鏡先生というラインナップで登場されたお話です。実は先月号の予告カットから大変興味があり、今か今かと待ち望んだお話だったのですが、期待以上に面白かったですvv 時代は大正で新しい物と古い物とが入り混じったあの独特の雰囲気の中で起こった怪奇事件を、二人の探偵さんが解決するお話なのですね。一人は黒髪で盲目の探偵さん(貴宮 輦一郎[あてみや れんいちろう])で、もう一人は洋行帰りで派手目な聖 韃彦(ひじり たつひこ)が、失踪した連続誘拐被害者の女学生さん(藤堂眉子)と出会った事から事件に巻き込まれてしまったようです。聖さんが眉子嬢を助けたのは、お人好しですぐに恵まれない方に尽くしてしまい、その結果家賃の支払いもままならない輦一郎(レニイ)を無名の探偵から有名にしてやろうという気持ちがあったからなのですね。しかし相手は唯の誘拐犯ではなくて化け物を使う怪しい団体だったようです(滝汗)


【 今回のツボ 】


・ 輦一郎(レニイ)が敵が放った巫蟲(フコ)を退魔香で撃退した場面vv

・ 輦一郎が居た調香師一族は、後継者になる際に手術を受けて盲目になるのですね。

・ しかも輦一郎は本来の後継者(聖)の力不足により、身代わりとなっていたとは……(滝涙)

・ 聖さん(ヒコ)が何かとレニイに構うのは、その時の負い目があるから?(でもそれが無くても彼なら友の不測の事態には、文句を云いつつも駆け付けて来て下さる気が)

・ 一度逃げ出した女学生さんが受けた罰が凄い


一瞬読む雑誌を間違えたかと思う程の美麗さ(と描いてセクシーな罰と読む)でしたが、乙女の涙には誰も勝てないのですね。カフェのメイドさんも可愛かったですし、この二人の探偵さんの物語の続きをもっと読んでみたい物ですvv


■ 小説 家庭教師ヒットマンREBORN! 隠し弾
ビアンキ、本気になるの巻。巻き込まれる獄寺君は洒落になりませんが、それだけ彼女が本気でリボーンの事を大事に思っているのが判って面白かったです。


■ CLAYMORE (クレイモア)
リフル嬢がつまらない好奇心でこの世に解き放ってはいけない姉妹を目覚めさせようと致しますが、彼の姉妹が覚醒してしまうと組織のナンバー6(ルネ)がベストな状態でもこの場からが逃げられるか微妙な所なのですね。取り敢えず腕より足を治す事に集中しておりますが、クレア達は間に合うのでしょうか……


■ 葛本さんちの四兄弟
今回は末っ子の満夜(まよ)君がメインなのですね。言霊を使う事が出来る彼は、自分の発した悪い言葉で誰か傷ついたりしないか不安で今まで余り喋らなかったのですね。しかしお隣さん(今は家が無くなってしまったので同居中)の天愛菜(でぃあな)ちゃんは彼の事を良く理解しており、クラスメイトが彼にちょっかいを掛けても優しくフォローして下さっておりました。てゆーか、彼女の子分なんだ皆……(^^; 小さくてもやはり桂木家の系譜(姉御肌)なのですね。


■ 屍鬼
自分の患者を次々と死に追いやっているのが『起き上がって来た者達』だと気付いた敏夫と静信さんですが、敵の方が一枚上手でした。彼らは呼ばれないと家に入れ無いのですね(そうと知って先にお医者様の奥方に声を掛けるとは……/泣)。事情を知らない上に好奇心旺盛で村の閉鎖的な雰囲気や仲の悪い姑との関係に飽きていたであろう彼女は、そうとは知らずに敵を招き入れてしまいました(滝汗)。蘇った死者が見開きで尾崎医院を取り囲んでいる場面はかなり怖かったですよ。守ると誓った患者さんを目の前で奪われてしまった先生はかなり怒っておりましたが、このあと先生は起き上がり達に容赦がなくなったそうです。やはり遺体は火葬した方が良いのでは……


■ Luck Stealer (ラックスティーラー)
自分で運を作る事が出来ない花凛ちゃんが、とうとう周りの方を巻き込みかける大事故に見舞われてしまいました。お店のバイトの方(アイリさん)と一緒にパパの手袋をデパートに探しに行って下さってあのような事故に巻き込まれてしまうとは(ガクブル)。しかし間一髪で父上が駆け付けて下さいましたが、その場面をロア嬢に見られてしまいました。大丈夫なのでしょうか(汗)


■ ロザリオとバンパイア
みぞれちゃんの心と身体を傷付けた奴に渾身のパンチをお見舞いする月音が格好良過ぎました♪♪ しかも恋のライバルであるくるむちゃんが彼女の気持ちを思いやってする行為が泣かせますよ。


■ 幻覚ピカソ
ピカソ、その発想は失礼だからピカソーー!!(滝汗)。良い感じに一話目で絡んで来た彼もレギュラー化しそうですが、今回助けた彼女とまさかの三角関係勃発なのでしょうか(滝汗)


■ 貧乏神が!
今回はまさかの二本立てで非常に面白かったですvv 桜と紅葉がテニス対決をするのですが、彼女等のパートナーを勤めた方がそれぞれ甚大なる被害を受けてしまいましたよ(汗)。しかし桜嬢は相変わらず執事の諏訪野にだけは心を許しているのですね。(ちょっと父親代わりに自分を育てて下さった方と同じ言動をした彼を、お友達から始めてみても良いかなvvと思って下さった辺りが良かったです)


■ 罪花罰 (つみかばつ)
凄い前に掲載されていて驚きました(滝汗)。ハロウィンにかこつけて店長が桔梗君にイタズラしておりましたが、確かに事前に親御さんも見に来る事を云っていて欲しいですよね(^^;


■ かおすキッチン
織絵ちゃんの怖さを余す所なく表現した感じが致しました。しかし向こうの世界での魔人ランクが面白いです。野菜関係は牛さんよりも低いのですね……。それにしてもラムネスはまだ人型のままなのですね。寄りによって彼にあの姿を見られてしまったビーフネスにケーキでも奢ってあげたい限りです(ホロリ)


■ 放課後ウインド・オーケストラ
梓先輩と上級生達は仲直り致しました。もっと早くに気付いていれば仲違いせずに済んだかも知れませんが、上手く行かない物ですね……。次回からは短編を挟んだ後に合宿編に入るようですが、水着に期待したいですvv


■ 紅
真九郎が危険を承知で裏稼業を続けているのは決して憧れた方に近付く為では無く、失った家族に早く逢えるようにと無意識に危険な任務を求めていたからなのですね(しかしそれと同時に一人で生きて行くには辛くて寂しいと云う気持ちや、ヤバい仕事はどんなに経験を重ねていても怖いという思いも持ち合わせているとは……/滝汗)。人知れず泣いて耐えている姿を紫に見られてしまった彼は、思わず幼い彼女を手に掛けようと致しますが、その紫に救われるとはちょっと意外でした。己の気持ちを吐露した彼はようやく自分は独りでは無いと気付いたようですが、人を救うのに年齢は関係無いのですね。


■ テガミバチ
ラグは館長からゴーシュの足跡を教えられニッチと共にその地に向かいますが、そこは物凄い氷に覆われた凍てついた寂しい所でした。表通りから見えない位置に巨大な鎧虫の抜け柄があったり、ゴーシュが撃ったと思しきが残されていたりと気になる展開が満載です。ラグの心弾でゴーシュに起こった出来事がある程度解りましたが、そうとは知らずに兄とすれ違っていたシルベットの場面が切な過ぎました……。しかし本当に首都ではあんな非人道的な実験が行われているのでしょうか(滝涙)。真相を早く知りたいです。


あとクレイモアが来年の春にDSゲームになったり、テガミバチがドラマCD化したりニッチがフィギュア化したりとおめでたい事続きのようです。(特にフィギュアはSQ誌上の限定通販に応募すると、フライパンに乗った例のステーキの場面が再現されたおまけと、更に浅田先生の直筆サイン入りの特製手ぬぐいも手に入るようですよ)。皆も応募券目当てにSQを購入されては如何でしょうかvv (かなり再現率の高いフィギュアで萌えの嵐です♪♪)


【 おまけ 】


・ ジャンプSQ. 10月号
当サイトの感想はこちら からどうぞ)

■ 10/3(金)発売
・ テガミバチ 5巻 浅田弘幸先生
・ 屍鬼 3巻 藤崎竜先生、原作:小野不由美先生
・ ロザリオとバンパイア season II 2巻 池田晃久先生

この記事のURL [ W j etc... ]
comments(0) trackbacks(2) | TOPに戻る

COMMENT













TRACKBACK URL

http://biyo555.blog43.fc2.com/tb.php/188-4d20ed56

TRACKBACK

ジャンプスクエア2008年11月号

ジャンプSQ.(スクエア)2008年11月号[雑誌]遅ればせながら、読み終わりました表紙は「ロザリオとバンパイア」。簡易感想を・「屍鬼」巻頭カラーついに吸血鬼たちが動き出す・・・!やはり恵も・・・それと、尾崎の妻がどうなったのかが気になるなぁ・・・。・「テガミバ...

| 日々“是”精進! | 2008/10/15/Wed 06:20 |

少年ジャンプSQ08年11月号・ネタバレ?感想♪

1日遅れのスクエアです。土曜発売だと、読んですぐに書けないのがメンドイ☆表紙は「ロザリオとバンパイア」。萌香、でかッ!巻頭は「屍鬼」。カラーなのに白黒の静信(^^;この人の病んでるっぽいところ、好きだなぁ。(ビョーキ持ちが好きな訳ではナイ)尾崎医師、日に日...

| あくびサンの、今日も本を読もう♪ | 2008/10/15/Wed 11:51 |

PREV | Home | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。