≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL [ スポンサー広告 ]
comments(-) trackbacks(-) | TOPに戻る

≫ EDIT

マキバオー #102 無敗

WPBで 『たいようのマキバオー』 を読みました。
(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)

フィールオーライの気持ち
(5/15 その3)

たいようのマキバオー 7巻 みどりのマキバオー DVDメモリアルボックス (初回限定生産) 2/20発売

今回のお話は全編フィールが四冠を達成出来るのか?という流れで纏められておりました。そのような中に、かつてカスケードの騎手を務めていた半蔵氏がレースを見ており、自分達も相当なプレッシャーの中で戦っていた旨を周りの方に漏らす場面が描かれておりました。もしかしたら、まさかの場面が描かれるのかも知れませんね(滝汗)


【 おまけ 】

『マキバオーアドベンチャー 太陽の勇者と暗黒の騎士団』

漫'sプレイボーイ誌(4/30発売)で描かれた外伝ですが、このお話はヒノデマキバオー(文太)が生まれる2004年の物語なのですね。マキバコの自由過ぎる振る舞いがまた描かれておりましたが、あのエピソードって、お馬さんでなければしょっ引かれるレベルのお話ですよね(赤ん坊が生まれたのに、賭け事に行ってしまうって/滝汗)。


しかし競走馬たるもの甘やかして育てば碌な事は無いと、坊ちゃん(マキバコの子供のマキバキング)を(かつてたれ蔵がしたように)旅に出す事に致しました。誘拐されたという母を取り戻す為に、宮蔦一家に行く事になった坊ちゃんですが影で見守るだけならばともかく、実際に手を出してしまっては全然ダメじゃないですか! (≧▽≦)


せっかく怖い熊が現れて脚力を鍛える機会があったのに、それを台無しにしてしまうとは凄過ぎますよ、宮蔦一家の方々vv 可愛いウサギさんやチュウ兵衛親分にも知り合う機会がありましたが、発砲されて終わってしまいました。オチがまた素敵な事になっておりましたが、あれでは何時まで経っても勝てませんよね(^^;


・ 旧日記のマキバオー感想はこちら からどうぞ。


【 ピックアップ商品 】

・ 5/19発売 New!
・ たいようのマキバオー 8巻 (2009.05.19)


----- 絶賛発売中
・ たいようのマキバオー 1巻 (2007.08.17)
・ たいようのマキバオー 2巻 (2007.11.19)
・ たいようのマキバオー 3巻 (2008.02.19)
・ たいようのマキバオー 4巻 (2008.05.19)
・ たいようのマキバオー 5巻 (2008.08.19)

・ たいようのマキバオー 6巻 (2008.11.19)
・ たいようのマキバオー 7巻 (2009.02.19)

この記事のURL [ マキバオー ]
comments(0) trackbacks(0) | TOPに戻る

COMMENT













TRACKBACK URL

http://biyo555.blog43.fc2.com/tb.php/534-89efae96

TRACKBACK

PREV | Home | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。