≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL [ スポンサー広告 ]
comments(-) trackbacks(-) | TOPに戻る

≫ EDIT

ジャンプSQ.9月号 終末への扉

ジャンプSQ.(スクエア)を読みました。
(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)

まゆたんが期間限定で連載を始められましたvv

ジャンプ SQ. (スクエア) 2009年 09月号 [雑誌]

■ ご指名です!
新條まゆ先生の短期集中連載です。ナイスなホスト物のようですが、心は売るけれど(待て)身体は売らないというのが信条の九州男児ホストがナンバー1を取っているのですね。しかし彼を追い落としたい眼鏡の素敵男性や、ホストになりたての頃にお世話になった女性から、無理やり子供を押し付けられるなど凄い大変な事になっております。田舎から結婚を考えている彼女が上京して来てしまいましたが、大丈夫なのでしょうか(滝汗)


■ 新テニスの王子様
跡部様も手塚部長も可愛い後輩(日吉・海堂)の為に、敢えて本気で彼等と試合をして下さったのですね。それぞれの弱点を克服出来たのか、また新たな高見へ上らせる為にかなり辛い試練を与えたようですが、キチンと彼等の心に響いた事を期待したいです。


■ エンバーミング
ヒューリーが自分に備えられた特性(雷)をようやく理解し、それを使いこなす場面が描かれておりました。しかしリッパー・ホッパーの方が一枚上手だったようですね。ロンドンの広い地下道に逃げ込まれてしまい、ヒューリーの雷撃が全て地下に流れる水に流れてしまい大ピンチのようです。(エルムちゃんもこの戦いに参加するのでしょうか……[アシュヒトは彼女を元の人間に戻す為に旅をしているのですが、困っている人を見捨ててはおけないエルムちゃんの性格を思うと、非常にややこしい事態になりそうな気が致します/滝汗])


■ まつりスペシャル
まつりちゃんが母親が出て行った時の真相を知るお話となっておりました。父親に嫌気が差したのではなくて、他団体の借金を背負う事になった父上が、妻に苦労を掛けさせたくなくて実家に帰したのが真相だったのですね。自分の笑顔は色々な方に守られていた事を知り、改めて自分の未熟さを知ったまつりちゃんの描写が良いですね。噂好きの友達がとうとう彼女の秘密(というか荒太の秘密)に気付き、まごころプロレスに皆揃って来てしまいましたが、心身ともに強くなり覚悟の決まった彼女はリングに上る事を決意して次回に続いておりました。心無い噂なんて吹き飛ばして頂きたいですよね。


■ 機巧童子(カラクリどうじ)ULTIMO
何故敵の子供の名前が「花」なのでしょう……(ーー;
前作(シャーマンキング)で主人公とヒロインの間に産まれた子の名前と全く同じなのですが、どのような意味合いがあってそうされたのか非常に困惑しております(涙)。物語は学校にまで機巧童子を連れて襲撃に来た敵を、とうとう皆の見ている前で大和が迎え撃つ場面で続いておりましたが、敵の名前で全てが吹っ飛んでしまいましたよ(ガクリ)

PS :
とうとう大和とウルティモは契りを交わしたそうです。(あとルネが明らかにおかしいのですが、やはりジェラスと契約をしてしまったのでしょうか/滝汗)


■ PARマンの情熱的な日々
西原理恵子先生とのトークショウの模様が描かれておりました。先生の絵と合作されているコマもあって、両ファンには堪らない回だったように思います(しかも魅惑の二色刷りvv)。あと二人でゴルゴ13とゴルファーの石川遼君を見ないで描く場面もあったらしく、その絵も展示されておりました。あとまた生家(氷見)に行かれたお話や林家木久扇師匠一門のお話もあって楽し過ぎました。本当に先生って交友関係が広い方ですよね……


■ CLAYMORE (クレイモア)
西のリフルを葬る為に覚醒者であるアリシアとベスが二人掛りで来た事を知り、組織の最高戦力がここに集められて居る事実を見て、イースレイが亡くなった事を知るリフルの場面が良いですね。そしてリフルを着実に追い詰めている場面を感じ、クレアの中のラファエラが彼女達の成長に驚愕する場面が面白かったです。しかし事態はラファエラともルシエラとも云えぬ者が放った、大量の柱にも似た物が更なる大惨事を呼び起こしそうです。広範囲に渡って飛び散った柱が鳴動し、新しい生命が生まれて来るようですよ。クレアが云うように本当の地獄はこれからなのかも知れませんね(滝汗)


■ RICO
naked ape(ネイキッド エイプ)先生とは、二人組の作家さんのコラボレーションネームで、原作とデザインを担当している咲木音穂先生と、作画を担当されている中村友美先生のお二人で活動されているお名前だったのですね。扉絵のカラーの後ろにある今までの作品の表紙も非常に好みだったので、時間があればぜひともチェックしたいと思わせて下さるお話でした。物語は「Skanda(スカンダ)」と呼ばれる物を巡ってオリス軍が人々を圧制しており、反乱分子は全て隣国のゴンドネアの内通者だとして処断していたのですね。秘密を握る両親は子供であるミオに全てを託し、亡くなってしまったようですが空から彼女を助ける為の天使(違うけど大体そんな感じ)と協力してオリス軍を倒してくれる味方に辿り着くまでの過程が良いですね。不思議な女神(リコ)は記憶が3分しか持たず、しかもどんな怪我を負っても記憶と同様に3分で元に戻る所が凄かったです。人よりも耳が良く、ヘッドフォンで塞いでいないと生きて行けなかったミオが、リコのお陰で普通に生きられるようになり、大人になってもその友情が続いたと判るラストシーンが凄く素敵でした。また本誌で登場して欲しい物ですvv


■ 屍鬼
今まで起き上がり達が人々を襲う場面よりも、個人的には今回のお話の方が怖かったです(滝汗)。これを見た若御院はどう反応されるのでしょうか……


■ Luck Stealer (ラックスティーラー)
来栖氏が天崎さんから一人前になれたというお墨付きを貰えた回でした。つかまり立ちする位大きくなれた花凛ちゃんが描かれておりましたが、運が自然に作れないって凄い怖い事ですよね……。それを物凄いストレスを抱えながら、家族を守る為に自分一人が地獄に落ちる覚悟で乗り切っているのですから、頭が下がりますよ。しかし独り立ちして初めての任務は、子供を買って虐待している方を抹殺する事でした。最後敵に刺されてしまいましたが、大丈夫なのでしょうか……(ハラハラ)


■ 青の祓魔師
しえみちゃん、思い切りパシらさせるの巻。しかしやはり高い志(こころざし)がないと魔法使い(違)にはなれないのですね。仲の良いお友達に去られてしまう事になった神木出雲嬢ですが、しえみちゃんともっと仲良くなって欲しいな~~


■ ロザリオとバンパイア
燦先輩とまりんさんが元通りの関係になる場面が良いですね。月音達が目指す世界が此処にはあったように思えます。出来ればこのまま平和な世界になると良いのですが、そうは云っていられないのでしょうね(^^;


■ 貧乏神が!
身体を洗われて貧乏神としての力を無くしてしまった紅葉ですが、一週間そのままで過ごすと神に戻れず人間となってしまうのですね。そうとは知らない市子達は、逃げる彼女に手を貸しますが、最終的に熊谷からその事を聞かされ元の姿に戻す手伝いをしておりました。市子が特定の誰かの為ではなくて、皆の為に有り余る幸福パワーを使えば、彼女を不幸にせずに済むと裏紅葉は考えたのですね。


■ 放課後の王子様
跡部氏にパブリック・イメージを期待している青学メンバーの目が素敵過ぎました。あと彼はあみだクジも知らなかったのですね。不二先輩のツッコミが冴え渡っておりましたが、口が悪い割には育ちの良い日吉氏がナイス過ぎました。あと薫のはなちゃん(猫)への愛が泣けましたよ。そうか、まだ抱っこさせて貰えていないのか……(いつも猫パンチの餌食になってしまうそうです)


■ 幻覚ピカソ
謎の「うめわかなお」という言葉は、いじめっ子の名前ではなくて、彼女が尊敬するボリスが云った「夢は叶う」という言葉だったのですね。その彼の言葉を神の啓示のように信じ、アイドルへの道を目指したようですが、儚く散ってしまったようです。それで落ち込んで彼を恨んでしまっていたのですね。しかし諦めずに頑張る事を思い出し、前に進んで行った場面が良かったです。


■ 罪花罰 (つみかばつ)
ひな嬢が乙女のパジャマパーティを企画しておりましたが、如何せんメンバーが店長に桔梗君、蘭君というメンバーだったので成功致しませんでした。久々に玉露憂(ぎょくろう)が登場致しましたが、まだお庭でテントを張って生活をしていたのですね(汗)。しかしせっかく可愛い子と知り合いになれたのに、その彼女は柚子さんの姪御さんで、物凄い果物ラヴァーでした。あんなキュートなのにドSな言葉が飛び出すなんて、ひな嬢もホントついてないですね(^^;


■ テガミバチ
ニッチがまたぱんつを履くまでのお話でした(ちょっと語弊があるけれど、大体そんな感じで)。こちらも久々にサンダーランド博士とサラさんとハント氏が登場しておりました。お三方もお元気そうで何よりでしたよ。(ハント氏は博士の助手のような事を始められたそうです)。ニッチ以外の方と仮の相棒(ディンゴ)になるお話でしたが、やはり知識だけで実戦がないと全然役に立てないのですね。ラストに首都から監査人として二人到着致しましたが、それでリバースの策略(首都の人工太陽を落とす事)が防げるのでしょうか……


■ 紅 kure-nai-
水着回でしたvv しかし九鳳院系列のホテルが犯人達の餌食になり掛けましたが、その言い分がおかしいですよね。(幾ら大きいホテルでも、お金を横領されたら誰だってその相手をクビに致しますよね/滝汗)。密かにまた悪宇商会が絡んでおりましたが、鮮やかに皆をまとめて事態を回収した真九郎に目を付けたようですよ。


■ よくわかる現代魔法
もっと前に美鎖さんに会っていれば、凄い魔法使いになれたのでは?と考えたこよみちゃん。しかし実際過去の世界に行って例のちらしを見せた所、魔法コードの不穏な動きを感じたちび弓子ちゃんと遭遇してしまいました。ちび時代でも既に今と変わらない貫禄がある弓子たんでしたが、あの時代に彼女に渡したちらしが巡りめぐって中学生になった時に発見するオチに繋がるとは、何とも切ない物です。(しかしそんなドジっ子な所もこよみちゃんらしいですよね^^)


【 おまけ 】


あと8/17(月)発売の赤マルジャンプSUMMER2009にて、『D.Gray-man』 がSQ.12月号(11/4発売)分からこちらに移籍されると発表がありました。ますます賑やかになって来ますねvv


・ 旧日記のジャンプスクエア感想はこちら からどうぞ。
(ジャンプに関するよもやまカテゴリーなのでその他のお話も含んでおります)


【 おまけ 】

■ 8/4(火)発売
・ 新テニスの王子様 1巻
・ エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- 3巻
・ 葛本さんちの四兄弟 3巻
・ 青の祓魔師 1巻

この記事のURL [ W j etc... ]
comments(0) trackbacks(4) | TOPに戻る

COMMENT













TRACKBACK URL

http://biyo555.blog43.fc2.com/tb.php/689-7c60f408

TRACKBACK

新テニスの王子様 Colden age10・11「部長の選択」

「部長になった者VS部長になる者」

| マリアの憂鬱 | 2009/08/22/Sat 02:02 |

ジャンプスクエア2009年9月号

ジャンプSQ.(スクエア)2009年09月号[雑誌]表紙は「エンバーミング」では、超簡潔な感想を・・・・「テニス」手塚は海童に、跡部は日吉に、何かを残したようで・・・次世代のために。それにしても主人公なのに、リョーマが・・・(汗)・「ロザリオ」勝利燦って、そんな...

| 日々“是”精進! | 2009/08/22/Sat 05:08 |

ジャンプ SQ. (スクエア) 2009年 09月号 新テニスの王子様 ネタばれ感想

ジャンプ SQ. (スクエア) 2009年 09月号新テニスの王子様 ネタばれ感想ジャンプ SQ. (スクエア) 2009年 09月号 [雑誌]

| Happy☆Lucky | 2009/08/22/Sat 09:31 |

ジャンプスクエア 9月号

今月号のジャンプスクエア以下ネタバレあり

| ぐ~たらにっき | 2009/08/22/Sat 19:29 |

PREV | Home | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。